前へ
次へ

医療費控除の対象になるものと仕組み

病院で医療を受けて代金を支払うのが一般的です。
医療費の支払いは負担になることが多いです。
そこで、年間支払った分を確定申告すると、年間一定以上の医療費を支払っていた場合に医療費控除といって、所得税などの課税対象額から控除されて、所得税などを減らすことができます。
サラリーマンなどでは確定申告をすることで、多く支払った税金の一部が還ってきます。
あくまでも所得税などが減るだけなので、元々所得税などが非課税の方は対象になりません。
医療費控除を申請するには、病院などの領収書が必要になります。
医療費控除の対象になるものは、医療費の他に薬局で買った薬代や薬局で治療のための医薬品、通院のための交通費も対象です。
つまり、治療や療養目的であれば対象ということです。
対象額は、合計所得金額が年間200万円以上の場合は、年間の医療費から保険金など充填される額と10万円を引いた額が、所得控除額として所得から引かれ、課税対象額が減ります。

西宮で遺品整理ならかたづけ隊
年間1800件の実績があるかたづけ隊に任せて安心

Page Top